積まれた本

ネット小説名作レビュー

カテゴリー: 童話

(4件)

変人老科学者の計画 by 十六夜博士

あらすじ

 ぼくの村の外れには、変人で役立たずとみんなに馬鹿にされる科学者のおジイさんが住んでいた。ぼくはおジイさんが好きでよく家まで遊びに行った。でもある日、太陽エネルギーで動く蟻ロボットを見せてもらっている時に、おジイさんは警察に連行されてしまって、それきり帰って来ない。戦争を推進する体制のやり方に反対したせいでおジイさんは目をつけられていたんだと、お父さんは教えてくれた。

走れ by 梨

あらすじ

 俺は太陽に向かって今日も走る。昼も夜も、何年でも走り続ける。途中で、ロケットを作っているとか、太陽はやめて月に向かうことにしたとか言う奴らに会った。ばか野郎。そんなことをしている暇があったら今すぐ太陽に向かって走れ。

ヒカリとホズミ by れみ

あらすじ

 そっくりで見分けのつかない双子の姉妹、ヒカリとホズミ。しかし妹のホズミは、何をやっても姉の方が「ほんのちょっとだけ」すぐれていることにコンプレックスを持っている。友達のりん子は、ホズミに自信を持たせるため、ホズミの方がすぐれているところを見つけ出して姉のヒカリと勝負させる。