積まれた本

ネット小説名作レビュー

カテゴリー: ハードボイルド

(3件)

暗殺100人できるかな by 湯のみ

あらすじ

 キャルステン王国一の暗殺者クロネコは隣国の首都リンガーダブルグの住人を1月以内に100人殺してほしいという依頼を受ける。彼は報酬の高さが気に入って引き受けるが、未曾有の連続暗殺者に対して隣国も黙ってはいない。クロネコは腕利きの剣士たちに挑まれ、集団で追い詰められたりもしながら命からがら生き延びるが、ついには1人で1000人分の戦力を持つという魔法使いを差し向けられる。

犬だって取引はする by トカゲ

あらすじ

 『フランケンシュタイン』のリバイバル上映を見に映画館へやって来た男子高生の秋色。しかし、1人の男が拳銃を発砲したため、劇場はパニックにおちいる。男は秋色に銃口を向け
俺と一緒にディズニーランドに行こう
 と言って彼を誘拐する。死ぬ直前に妹の春風がディズニーランドに行きたいと言っていたが、そのことが関係しているのだろうか。警察の手を逃れ、ぼろぼろのボルボに乗って彼らはディズニーランドを目指す。

空き地の山羊 by オカワダアキナ

あらすじ

 中学生の琴美は、自分をいじめるクラスメートのいる学校へは通わない。この日は仕事をやめて琴美の家に居候する叔父とゲームセンターへ遊びに行った。
 駅前の空き地に放し飼いされた山羊たちを見た時、高いフェンスの中で与えられた課題をこなし、排泄し、ときどきけんかをする山羊と自分たちにはほとんど違いがないと琴美は思う。しかしある朝、山羊の1頭が囲いを飛び越えて逃げ出したことがニュースになった。