積まれた本

ネット小説名作レビュー

カテゴリー: 詩

(6件)

青に染まる by あおいはる

あらすじ

 まよなか、ぼくは青い夢を見る。青い絵の具を溶かした水の中にいて、となりにいる人はがぶがぶお酒をのみ、何かをさけび、うめいている。ぼくは、青い海の底で、青いワンピースをきた女の子と、青いソーダをのんで、ブルーハワイ味のかき氷を、たべている。青に染まる
(一部を作品より引用)

(作品非公開)みにくい羊 by 緋みつ

あらすじ

 あたたかな暗闇の中で、死にたどり着くために、私は羊の数を数える。しかし私の代わりに、柵を乗り越えられない羊たちが真っ黒な血を流して死んでいく。百数えてはふり出しに戻り、また百数えては最初に戻る私に、薄汚れた羊たちが「はやくねむれ」と催促する。

(作品非公開)定時姫 by Unknown

あらすじ

 わたしは定時であがるのがだいすき。みんな残業してるからとか、ひんしゅく買うかなとか、そんなばかみたいなことはどうでもいい。
 私の頭の中の君はみんなにきらわれて、教室の窓からいつも外を見ている。君が今日も光速で学校を去るなら、わたしも光速で職場を去る。わたしといっしょにきらわれよう。
(一部を作品より引用)