積まれた本

ネット小説名作レビュー

長さ: 中編

(11件)

50,001〜100,000文字

サイコパスハンター・零 ~百合と外道と疾走するウロボロス~ by 春風小夏

あらすじ

 妊婦の腹を裂いて胎児をとり出し、代わりに別の被害者の乳房を切り取ってそこへ詰め込むという、とんでもない連続猟奇殺人事件の捜査を行う美人刑事の杏里。被害者は全部で4人おり、環状地下鉄の線路沿いに事件は起こっていた。杏里のガールフレンド、零の知恵を借りて推測された犯人の動機は何と、円形の巨大魔方陣を作って何者かを呼び出すことだった。

週末陰陽師 ~とある陰陽師の保険営業日報~ by 遠藤遼

あらすじ

 不世出の天才陰陽師、小笠原真備は世渡りが下手なために陰陽道の第一線である陰陽庁から下野し、しがない保険営業マンとして働いている。平日は会社に勤め土日に悪霊を調伏する「週末陰陽師」として活動する彼は、保険の営業を通じて、育ちのいい20歳の女性、二条桜子と知り合う。桜子に紹介してもらう顧客の周りにはなぜか霊が多く、彼女自身もある日悪霊に襲われてしまう。

作家になりたい人が多すぎる by 斎藤真樹

あらすじ

 自費出版事業を行う弱小企業「蕾花社」に勤める派遣社員の私は、アマチュア作家たちが持ち込むとんでもない原稿と毎日戦っている。しかし中には意外におもしろいものもあり、そういう小説をブラッシュアップして世に送り出すのが仕事のやりがいだ。ある時、私の担当で自費出版したファンタジー小説『天恵の魔法機械』がそこそこ有名な文学賞を勝ち取り、蕾花社はにわかに注目を集める。

探査機はやふさ9号(有人) by おてて

あらすじ

 有人探査機はやふさ9号の搭乗者に選ばれた俺は、4畳半の和室を模した船室で1人、10年におよぶ宇宙の旅の最中だ。宇宙船では大した仕事もなく、ふりかけご飯を食べたり映画を見たりするだけのゆるい暮らしを送っている。
 ところが、微小天体の爆発に巻き込まれて宇宙船が破損し、一転して生命の危機に追い込まれる。ハッチの故障、食料不足、加速の失敗など続発するトラブルを克服して、俺は地球への生還を目指す。

金吾中納言の野望 by kogi

あらすじ

 交通事故で死んだ高校生、山中悠馬は、なぜか前世の記憶を保ったままで戦国時代末期の武将、小早川秀秋に生まれ変わる。彼が大人になるまでは史実どおりに世の中が進むが、豊臣秀吉に殺されることになっている豊臣秀次の命を助けたことで彼は歴史を曲げてしまう。しかも、この小早川秀秋は徳川家康が何となく好きじゃないので、天下分け目の関ヶ原の合戦では、史実どおりに家康の味方をするのをやめることにする。

足音にロック by 奥田徹

あらすじ

 人材派遣会社の営業としてろくに睡眠もとられない激務をこなす34歳の福岡。疲れ切った彼は、コツん、コツん……という「死の足音」をきくようになる。この足音に追いつかれた時に自分は死ぬと彼はおびえる。
 ある仕事帰り、電車で眠り込んだ福岡は財布をすられる。幸い警察に届けられて返って来るが、そこには身に覚えのない大金がつまっていた。謝礼を渡すために彼が出会った財布の拾い主は、非の打ち所のない美女だった。

犬だって取引はする by トカゲ

あらすじ

 『フランケンシュタイン』のリバイバル上映を見に映画館へやって来た男子高生の秋色。しかし、1人の男が拳銃を発砲したため、劇場はパニックにおちいる。男は秋色に銃口を向け
俺と一緒にディズニーランドに行こう
 と言って彼を誘拐する。死ぬ直前に妹の春風がディズニーランドに行きたいと言っていたが、そのことが関係しているのだろうか。警察の手を逃れ、ぼろぼろのボルボに乗って彼らはディズニーランドを目指す。

たたかうアイカツ!おじさん by 権俵権助(ごんだわら ごんすけ)

あらすじ

 36歳の会社員、権俵権助は少女向けカードゲーム『アイカツ!』を好きになってしまった「アイカツおじさん」だ。世間体を気にしながらゲームコーナーで『アイカツ!』をプレーし、アニメも見るしライブにも出る。『アイカツ!』は生活の一部になっていた。
 だが2016年正月のライブで『アイカツ!』の終了が告知される。権助はショックを受けるが、コンテンツが移り変わる事実を受け入れ『アイカツ!』の最後を見届ける。

ココロマテリアル by 七瀬楓

あらすじ

 高校生の志郎は、トランプの罰ゲームとして学園のマドンナ、山桜雫に恋の告白をする。誰もがふられると予想したが、思いがけず彼らはつき合うことになった。実は志郎の幼馴染である雫は、人知れず彼を想っていたのだ。しかし雫の日記を読んだ志郎は、雫が彼をストーキングしているとんでもない女であることを知る。雫の存在は志郎の負担になるが、小学生の頃彼女を突き放したことへの負い目もあり、彼は雫の相手を続ける。

(作品非公開)in by Unknown

あらすじ

 みぞおちまで上げたずぼんに、服のすそを「イン」しなければ気がすまない奈良員介は、高校の学制服をもずぼんの中に入れてしまう。白い目で見られ人間不信におちいりながらもポリシーを曲げない彼は、ある日担任に呼び出され、ちゃんと制服を着なければ停学にすると告げられる。結局員介は停学をくらい、クラスの女子が員介の服装をまねたことで問題はさらに大きくなる。

零士 by シルベスター・スタコーン

あらすじ

 さえないEDの三十路男、零士は義理の息子、輝貴に妻を寝取られて絶望する。彼は無人のボクシングジムで自殺を図るが、すんでのところでジムの会長が帰って来たため一命をとり留め、その縁からボクシングを始める。将来を嘱望されるプロボクサーである輝貴の顔にパンチをぶち込むため、年齢のハンデを乗り越えて零士はトレーニングに励みプロテストにも一発合格。順調に力を蓄えて、日本チャンピオンとなった輝貴に挑戦する。