積まれた本

ネット小説名作レビュー

タグ: 妹

(3件)

カクヨムで己のフェティシズムを前面に出している俺が読み専の彼女にユーザー名を明かせるわけがない! by 陽野ひまわり

あらすじ

 小説投稿サイトのカクヨムで、股上の浅いパンツからギリギリ見える女性のお尻の上部のくぼみ「ギリくぼ」の普及をもくろむ大学生の倉田くん。読者としての彼は『兄と妹のチートすぎる異世界生活』というネット小説を応援しているが、残念ながらほかの人には評価されない。彼は同級生のカクヨム友だち、坂下さんに繰り返しこの小説を薦めるものの、なぜか彼女は生返事をするばかりだった。

でぃんぐ どんぐ by 午前深夜

あらすじ

 俺が目を覚ますと、部屋の床が真っ青なプラレールに埋めつくされていた。自分に構ってくれないことをすねた妹のしわざだ。プラレールを無視して部屋を出ようとする俺を妹は必死で妨害する。
いいのかな?
お兄ちゃんがプラレールを外したら、この電車は脱線しちゃうよ? 乗客の人が大変…だよ?
(一部を作品より引用)

犬だって取引はする by トカゲ

あらすじ

 『フランケンシュタイン』のリバイバル上映を見に映画館へやって来た男子高生の秋色。しかし、1人の男が拳銃を発砲したため、劇場はパニックにおちいる。男は秋色に銃口を向け
俺と一緒にディズニーランドに行こう
 と言って彼を誘拐する。死ぬ直前に妹の春風がディズニーランドに行きたいと言っていたが、そのことが関係しているのだろうか。警察の手を逃れ、ぼろぼろのボルボに乗って彼らはディズニーランドを目指す。